嘉兵衛荘の若旦那ってどんな人?

はじめまして、嘉兵衛荘の釣りバカの若旦那である土井崇史です!

今日から日々の事、仕事の事、釣りの事、子供の事←(一応三児のパパです)、淡路島の魅力も書かせていただきます。


よろしくお願いします!!

土井崇史って何者?

いち民宿の若旦那ですが、自己紹介を♪

1984年に(旧津名郡)現洲本市五色町都志万歳(まんざい)←これよく笑われます。で生まれました。地元都志小学校、五色中学校から津名高等学校を経て流通科学大学へ。大学卒業後は一度熱海のホテルに就職しましたが、数か月で経営が変わってしまったので兵庫に戻り、恩師の紹介もあって城崎の西村屋に就職。7年の修業を経て29歳の時に実家に戻り民宿を継ぐことになりました。

今考えるとこの西村屋に就職することが自分にあった仕事に出会う転機だったのかもしれません。大学の就活が始まったときも淡路島には何年かしたら帰りたいとは思っていましたが、口下手な自分なので営業にも向かないしとりあえず思い当たるところ受けておけみたいな感じで就活してました。当然会社の説明会にもあまり気が進まず、ゼミの先生に相談したら、帰るんだったらサービス業なんだから勉強してきなさいと紹介され、漠然とホテルの仕事を勉強してましたw

西村屋に行くことになり、現会長にお会いし、お話させていただいたときに本館の調理場(旅館の方)に行きなさいと言われ、なんでもする気だったし、少し興味があったのでワクワクしながら入社しました。そこからはのめりこむように料理を勉強。

料理を作ることが自分にはあってたみたいで、できないことでもやりがいを感じ、居残りして技術を磨いていきました。あとのめりこめたのは素晴らしい兄弟子さんたちにも出会えたから!目標や「こんな風になりたい」という気持ちがあるのとないのでは大違いだと私は思います。

ちなみに若女将に出会ったのもこの職場でしたw

そんなこんなで帰島し、目の前が海という釣り好きな自分にはある意味危険な環境ですが素晴らしい淡路島に帰ってきました。

これから宜しくお願い致します。

SNSフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。