淡路島でカニ料理って、変ですか?

嘉兵衛荘では冬は松葉ガニの料理があります。

なんで淡路島で蟹出してるの?って思う人、多いかもしれませんね^^;

私たちが淡路島でカニ料理を出すのは、まだまだ新しい話。。。

嘉兵衛荘を継いで今4年目、最初の1,2年はカニ料理は出していませんでした。

私たち夫婦は、城崎温泉の宿で働いていたので、冬の間およそ半年間は、毎日たくさんの松葉ガニを見ていました。

それが、淡路島へ来てからはカニを見ることがなくなって・・・

淡路島なのでカニを見ないことに特に違和感もなかったし、まさか提供するなんて考えてもいませんでした。

ではなぜ、今こんなにカニ料理を出しているのか??

きっかけは、お客様でした✨

「城崎温泉で修業してカニ料理も出来るのに、なんで出さないの?食べたいんだけど!」って(*’▽’)

そして、その声をかけてくださったお客様に、最初に松葉ガニ料理を食べて頂きました。

但馬から生きた松葉ガニを仕入れ、嘉兵衛荘初の活松葉ガニ料理!!

iPhoneImage.png

結果、とっても喜んでいただいて、「食べたい人たくさんいると思うよ!」って(≧▽≦)

それからも、まだまだ定番化するまでの道のりは長かったです。

『淡路島でカニ・・・』

中には、わざわざ淡路島でカニ食べなくても・・・とか、淡路島でカニ食べても雰囲気無いでしょ・・・とか、

思う人もいると思います。

いて当然だと思ってます!だって、私自身も最初は夢にも思ってなかったことなので^^;

だけど、来てくださるお客様の言葉がとてもヒントになりました。

ここ淡路島から、「毎年冬に城崎の方までカニ食べに行ってるよ!」っていう方がとってもたくさんいらっしゃって!

わざわざ遠くまでカニを食べに旅行する、そこにはみんな理由がありますよね?

カニは本場で食べたい、温泉に浸かりたい、お決まりの宿で馴染みの仲居さんに会いたい、などなど・・・

様々な目的があると思います。

 

では、どんなお客さまが嘉兵衛荘でカニを食べるのか??

その理由も様々(#^^#)

「いつも冬はカニ旅行してたけど、だんだん遠くまで旅行するのが大変になって・・・

でも淡路島なら何度でも来れるから有難い。」

「城崎温泉の老舗旅館で修業されたということで、安心できる。」

などなどありますが、中にはこんな嬉しいことも!

お店のことだけでなく、私たちのちょっと自己紹介も含めたような広告を、2年近く前に島内へ折り込みで入れました。

ちょっと恥ずかしいぐらいのドアップの顔写真付き(笑)

なんと、この時の広告を切り抜いて持ち歩いてくださってる方がいらっしゃって(≧▽≦)

しかも1人や2人ではなく!

「ずっと行ってみたい(会ってみたい)と思ってて、やっと来れました!」って✨

私自身が生まれも育ちも但馬、そして城崎温泉で働いていた、ということで、

「いつもは城崎のどこどこに行っててね~」とか言うお話も一緒に楽しめたり、

カニについては私も一応いろいろ勉強しているので、ちょっと細かいところまで説明出来たり・・・

そうした何気ない会話をするうちに距離が近づいてまた来てくださったり(*^^*)

今年は、大雪で予定地まで行けず、淡路島に変更しました!というお客様もありました。

今、カニはいろんなところで食べれるようになってきました。

そんな中で、「カニは嘉兵衛荘で!」と決めてリピートしてくださる方がいること、本当にありがたく嬉しく思います(#^^#)

fullsizerender-43 img_4562 1501211326557vc4_m.jpg

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
淡路島 民宿 嘉兵衛荘(かへえそう)
〒656−1304
兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2
📞0799−33−0337

嘉兵衛荘ホームページ

嘉兵衛荘Facebookページ

ご宿泊プラン・空室状況

 

SNSフォローしてね!