高田屋嘉兵衛から名前をとった?

どーも、嘉兵衛荘の釣りバカ旦那のたかっちゃんです♫

嘉兵衛荘は私が生まれて、物心がついた頃からありました。この民宿で生活するのが当たり前で、特におばあちゃん子だった私は嘉兵衛荘で寝泊まりしていたおばあちゃんと一緒に寝泊まりしているぐらいでした(笑) 

そんな嘉兵衛荘は昭和42年の夏にオープンしてから当館の歴史も40年ぐらいなります。始めたきっかけはおじいちゃんが言い出したらしく、当時は海水浴ブームで、ひいおばあちゃんとおばあちゃんが中心となって地元の主婦さんたちを雇い民宿業をやっていたみたいです。昔の話しを聞いているだけでも当時は勢いがあったのだなと感じるぐらい宿泊客も多く、民宿から溢れたお客様を私の実家にとめたこともあったそうです(^_^;)できた当初は一階の平屋しかなく、あとから二階の建物を建てたみたいでこの五色町近辺では宴会や法事も大人数でできる大きな建物はなかったみたいです。

私が修行を終え帰ってくるまでは、嘉兵衛荘の歴史など全く知りませんでした。なんせ名前を「かへえそう」なのに「かへいそう」だとずっと思っていたぐらいですから(笑)この五色町は高田屋嘉兵衛発祥の地。その名前である嘉兵衛をとったのだから凄い名前だなとしか思っていなかったのですが、よくよく聞いてみるとうちのひいおじいちゃんは「嘉蔵」という名前で、その文字をとってできたのだとか、、、

なんじゃそりゃーー(笑)凄い期待して聞いたのですが、なんかありきたりやん-_-bそりゃーそうですよね、いまとなってはそんなビッグネームをとることは許されませんよね。ただこの高田屋嘉兵衛が取り上げられ出したのも民宿ができた後のことだそうです。そうじゃないとこの名前使わせてもらえないですよね♪


今は以前みたいな民宿の形とは違い時代の流れもあり大きく変わりましたが、良いところは残していき進化していきたいですね^ ^

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

淡路島 民宿 嘉兵衛荘(かへえそう)

  1. 〒656−1304

兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2

📞0799−33−0337

SNSフォローしてね!