淡路島の秋は大雨が降れば釣れる確率は高くなります

やってしまった…(;゜0゜)

日中にそれなりのまとまった雨を確認していたので、夜中の下げ潮を狙うと決め子供達と布団に入ると…

気づけば4時半……

終わったなと思いながら潮汐を見ていると上げ潮に変わって30分ぐらい。これは今日の増水で鱸が普段入ってきにくいような小規模河川でも潮位が上がっているために入ってきやすくなるし、上流から流れてくる餌もたまっているであろうポイントに切り替えして朝まづめ、明るくなるまでの1時間勝負に変更( ̄∀ ̄)

ポイントに到着するとやっぱり餌がたまっていて、ボイルは見当たらないけれどミノーを通すとバイトが。けれど、いまいち反応が悪くもしかしたらと思い、餌が小さいことを想定してミノーのサイズダウン。

すると、やっぱり入ってきたーーーーーー!ボイルが時折おこり完璧に捕食モードシーバスが♫

そして壁際に追い込んで捕食しているので壁際を通して…

沈み石や、足元は潜られるとブレイクする可能性大なポイントなので、ちょっとした良型でもほとんど曲がらない棍棒のような竿を使いラインを出さずに回収(*゚∀゚*)

※以前にも痛い目を見ているので(笑)

その後も

秋らしく良型三連発でしたが、最後の一本はタモ入れの時にフックが先にネットにかかってしまいオートリリース( ;∀;)

明るくなるまでの僅か40分ぐらいの出来事でしたが、これもパワフルなロッドで即座に鱸を回収し、狭いポイントでも場を必要以上に荒らさず迅速にやり取りしたおかげでもあるのかなと^ – ^憶測ですが(笑)

淡路島ではここまで硬い竿はいらないかもしれませんが、激流のポイントや主導権を握らせたくない場所なんかでも大活躍ですよ♫

あと、万が一夢のビッグワンにも対応できるように…(笑)ですかね(^ー^)

そんな秋の淡路島♫是非雨で濁りが入る時に大物を狙ってみてくださいね(o^^o)

〒656−1304

兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2

📞0799−33−0337嘉兵衛荘ホームページ< Facebookページ< 宿泊プラン・空室状況

SNSフォローしてね!