サワラの本当の旬はいつ?

松葉ガニ漁は終わりましたが、昨夜は蟹すき鍋♪あー終わってしまう!なんて思いながらもまた11月には始まるんですよね笑笑

蟹だけでなく、淡路島近海のお造りも♪

美味しそうな天然鯛に針イカ(>_<)柔らかくて、甘くて美味しい〜〜イカ。

これからは淡路島近海の魚が主力になってきますよ( ̄∀ ̄)笑笑

こんにちは!釣り大好き嘉兵衛荘の若旦那です(*´∇`*)

今日も昨日のブログに引き続き鰆の記事。

淡路島はこれからサワラ漁が解禁されるのですが、サワラは一般的に冬が旬とされてます。じゃあ鰆の漢字は右に春って書くからいまからじゃないの?漁は今から解禁なのに、鰆の旬は今じゃないの?ってなりませんか?

サワラは回遊魚。なので、地方によって接岸して漁として成立する時期が違うので、食べる時期のずれが発生。これがサワラ食べる時期や旬の考え方をややこしくしてるんです。

瀬戸内海では春に産卵のために接岸してきた鰆を獲り、真子や白子と一緒に食べるのがここ淡路島や岡山県など、瀬戸内に面した場所の昔からの文化。

順番に行くと高知県あたりからはじまるのかな?漁師じゃないので、詳しくはわからないけど、理論的にはそんな感じかな笑笑

一方で、本当に鰆の脂が一番のってくるのは12〜2月ぐらいの産卵を控えた一番寒い時期。まさにトロサワラなんて言われる時期です。

なので、ボクが以前修行時代に住んでいた但馬地方、日本海側では真冬のとても寒い時期に脂がたらふくのったサワラを使っていたので、淡路島に帰ってきた時はどういうことなんだろう?と意味がよくわかりませんでした。

関東地方や日本海方面では真冬が旬という考え方が一般的ではないでしょうか。

もちろん冬でもこちらでトロサワラ獲れますよ♬

でも安心してしてください!どちらも間違いでは無いし、これから淡路島で「旬」を迎えるサワラも充分美味なので気にせずバクバク食べてくださいね♬

嘉兵衛荘 〒656-1304

兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2

📞0799−33−0337嘉兵衛荘ホームページ<Facebookページ< 宿泊プラン・空室状況

SNSフォローしてね!