春に続き、秋も登場!「紅ずわい蟹」って??

一度は非公開になったこのブログ、せっかく書いたので、やっぱり公開いておきまーす笑

ちなみに非公開になった理由は・・・「さて、書けた書けた〜」と思って公開ボタンをポチッと押したら、なんと直前に若旦那が同じように紅ずわい蟹の記事をアップしていた、というオチでございます😅別に夫婦の会話が無い訳ではございません。いや、ちょっと少なかったからこんな事態を招いたのかもしれません。なんだよ〜チッって思いながら非公開にしたけど、私の方が情報としてイケてるかもしれないし…っと思い結局公開・笑

重複している点もあるかと思いますが、よろしければご覧くださ〜い☺️


嘉兵衛荘の秋のプランに登場している「紅ずわい蟹」、どんなカニ?って思ってる方も多いかと思います。

蟹のイメージはダントツ「冬」だと思います⛄だって、冬の王様ですからね(*^^*)

ではなぜ、嘉兵衛荘の春と秋には「紅ずわい蟹」が登場するのか!実は、この紅ずわい蟹は、漁期が9月~翌年5月なんです。冬に食べる立派な松葉ガニは、11月下旬~翌年3月下旬の本当に冬の間だけです。

で、味は違うのか?って話ですが・・・

冬に食べる大きな松葉ガニと比べると、サッパリ!松葉ガニは、とても濃厚で食べ応えがあり、鍋も濃厚な出汁が出ます。対して紅ずわい蟹は、もっとみずみずしく、甘みはたっぷりありますが食べ応えが軽いです。

春は淡路島の桜鯛とコラボした2色鍋をさせていただきましたが、秋は淡路島のハモとコラボです!夏が旬とうたっているハモ、実は秋には格別な美味しさがあるってご存知でしょうか!?秋のハモは上質な脂がたっぷりのる時期なんです!少し濃厚な旨味が特徴で、鍋の出汁も一段と深い味になります。

ハモと紅ずわい蟹のコラボは・・・多分、嘉兵衛荘だけ!だと思います(^^)/ 是非食べてみてください〜♪

 

 

SNSフォローしてね!