ふぐはフグ?〜3年とらふぐ〜

カニと同じく、冬の嘉兵衛荘に欠かせないのが3年とらふぐ🐡

但馬出身の私としては、ハモと同じく、淡路島に来るまで食べたことが無かった食材です。
私が最初に味わって食べたフグが「3年とらふぐ」です。なんて贅沢✨

つまり、最初からこの弾力のあるプリッとした身、旨味をすごく感じる鍋、雑炊などの味しか知りません。
なので、普通のフグと3年トラフグ、どう違うんだと言われると、違いがよく分からない(^_^;)

ということで、嘉兵衛荘で3年とらふぐを食べていただいたお客さまの声も取り入れ、3年とらふぐの美味しさを紹介したいと思います😊

私はよく知らなかったんですが、大阪などにはフグ料理のお店もけっこうあるみたいですね。なので、意外とフグを食べたことは皆さんあるらしく…。

そんなお客さまが3年トラフグを食べて必ず驚かれるのが、身の部分の厚み、弾力です。
食べる部分がこんなに多いフグは初めて食べました、と。
そして、肉厚な身は、予想以上にプリッとしていて2度びっくり!!
てっちり鍋のフグのボリュームはもちろんですが、唐揚げを食べて「今まで食べたフグの唐揚げって骨ばっかりだったのに!」「めっちゃ食べるところあるー!」とびっくりされることも多いです。

そして忘れちゃいけない〆の雑炊。白身の淡白な身というイメージなので、雑炊の味も想像つきにくいかもしれませんが、想像以上の旨味があります。あっさりしてて上品な食べやすい味なのに、旨味がしっかり感じられる・・・

もちろん、どこで食べても同じではありません。
ぜひ『だし愛』が止まらない店主がつくる嘉兵衛荘の3年トラフグコースを食べていただきたいな~と(#^.^#)

〒656-1304
兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2
📞0799−33−0337嘉兵衛荘ホームページ<Facebookページ< 宿泊プラン・空室状況

SNSフォローしてね!