淡路島の春の風物詩〜いかなご〜

こんばんは、淡路島にある海宿、嘉兵衛荘(かへえそう)の店主です。

令和2年は2月29日に解禁いたしました。

淡路島イカナゴ漁。

IMG_0250

心待ちにしていたのですが、今年は記録的大不漁という声が。

いつもなら普段お世話になっている水産会社さんにご用意していただくのですが、近年漁獲量の激減によりそう簡単には入手できない現実。

入手できたとしても非常に高額で量も、、、

もはや、淡路島でも家庭で釘煮にするといった風習がなくなる日が近いかもしれません。

どうしても入手したかったのは、自分のレシピで炊き上げ、それを嘉兵衛荘にきていただくお客様に味わっていただきたかったから。

そんなもん自己満やろ!!って言われるとそうかもしれませんww

お土産屋さんに行けば確かに入手できるかもしれません。

ですが、毎年毎年炊き上げていくことで研ぎ澄まされていく、佃煮師にも負けない嘉兵衛荘スペシャル釘煮を召し上がっていただきたいんです♪

諦めていた矢先、いつもお世話になっているI氏に頼ってみると、、、

やってくれました。

この投稿をInstagramで見る

生粋の淡路島のいかなご。 今年は例年より更に記録的大不漁という噂も最北端から飛び交う中ですが、なんとかご縁をいただき少しだけ入手することができました。 もう感謝という言葉しかございません。 値段も高騰しすぎている上に、量も少ないとなると、、 やっぱり炊きたては特にめちゃくちゃ美味しい。ほんま美味しいんです。これを食べた時は淡路島ってめちゃめちゃ素敵やん♪ と感じれるまさに #ビバ淡路島w 炊きたてのいかなごを食べることで、淡路島の春の到来を感動と共に毎年感じていましたが、年々なかなかに手軽には入手できなくなっているので。 これからご来店頂くお客様にお出ししていきたいと思います。 やっぱり#人と人 #ビバ社長 #ビバ岩鼻 #感謝 #淡路島 #淡路島の風物詩 #あわじふーど #いかなご漁 #イカナゴの釘煮 #海宿 #嘉兵衛荘 #かへえそう

嘉兵衛荘(@kaheesou_awajishima)がシェアした投稿 –

ようけではありませんが、嬉しすぎる量をご用意していただきました。

快く引き受けていただいた水産会社のN社長にも感謝の気持ちでいっぱいです。初めてにも関わらず、とても丁寧な対応でこれにもめちゃくちゃ感激。

やっぱり人と人との繋がりは何にも変えられないものであると改めて実感。

ありがとうございます。

来年は入手できるかどうかはわかりませんが、可能性がある限り毎年炊き上げていきたいと思います。

在庫尽きるまで、お出ししていきますね♪

3月もどうぞよろしくお願いいたします。

〒656-1304
兵庫県洲本市五色町都志万歳456-2
📞0799−33−0337嘉兵衛荘ホームページ(予約サイト)

SNSフォローしてね!